中高年の就職を成功へ導く5つの流れ

中高年の就職を成功へ導く5つの流れ

 最後の転職にする気持ちで取り組みましょう。やり直しがききにくくなるのが中高年の転職。それだけ慎重に、確実に、そして最後にふさわしい転職を目指さなければなりません。その最後にふさわしい転職にするためには何が必要なのかを頭に入れておきましょう。

 

 

転職の形をイメージしながら準備をする

 

 「後悔しない転職の形」を具体的に思い描き、そこに到達するには何が必要なのかを考えていくと、やらなければならない転職準備を徐々に把握することができると思います。到達点がなければ準備も何もありません。これまでの経験を踏まえ、中高年という立場も考えながら、最後の転職の準備を整えておきましょう。

 

【参考記事】

 

 

自分から探しにいきたい求人情報

 

 求人情報というのは、向うからやってきてはくれません。それは、いくら経験や実績を積み重ねている人であっても同じことが言えます。転職サイトに登録したり検索等を続けながら、経験と実績に見合った、あるいはそれらが発揮できる求人情報を積極的に探していきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

同じ中高年の人たちとは違う特徴を応募書類で

 

 同じような年齢で、同じような経験をしている人が、同じ企業に応募することは珍しくありません。そうした人たちとどう違うのかを履歴書と職務経歴書で伝えることに徹してみましょう。推し量れない部分もあるでしょうが、自分のことや企業のことがわかっていれば、見つけ出せるはずです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

面接で気にしたいのは言葉の本質

 

 通常、企業の面接では、ひとつひとつの質問は形式的なものではなく、そこには意図があります。言葉の表面だけで判断するのではなく、何を知りたがっているのかを推測できるようになると、面接官をあっと言わせるような回答が見つけ出せるかもしれません。

 

 

【参考記事】

 

 

 

中高年の経験を活かして円満退職を

 

 転職するとなると、必ず会社を辞めなければなりません。大事なのは辞め方。円満退職と呼ばれる辞め方は会社が用意するものではなく、あなたの取り組み方次第と思っておきましょう。ここでも中高年としての経験は必ず活きてきますし、円満退職のために惜しみなく発揮しなければなりません。

 

 

【参考記事】

 

ホーム RSS購読 サイトマップ