転職で過去の経験にとらわれないコツ

転職で過去の経験にとらわれないコツ

転職をする際の心構えについて

 新しい職場を探すときに注意しておきたいことは、昔の経験を一旦忘れるということです。転職をするのに必要なのは「経験」であるのは確かですが、面接などで話をするときには、こうした過去の経験が逆にその人の評価を下げてしまうこともよくあります。それは、前職のルールや常識が、社会的な標準とはかけ離れている場合があるからなのです。特に大手企業から中小企業への転職ではそうした部分で苦労をするという話がよくあります。自分の経験をアピールしたいと思うあまり、謙虚さを忘れてしまうと面接では通らなくなってしまう可能性が高くなります。

 

性格や人柄もスキルの一つです

 転職の際に評価されるのはスキルや経験だけではありません。コミュニケーション能力や、その人が持っている「雰囲気」などもまた、評価の対象となります。いい感じの人だな、と面接官に思わせることができればかなり有利に働きますし、逆にどんなに立派な資格を持っていても悪い印象を持たれてしまっては全く意味がありません。このような人柄を「作る」ということにおいても、人生経験が非常にモノを言いますし、人間同士が同じ職場の空間内で仕事をするわけですから、人間関係を作る部分も大切なスキルだと言えます。

ホーム RSS購読 サイトマップ