就職活動にかかる期間と、その期間を短くするための対策

就職活動にかかる期間と、その期間を短くするための対策

準備から内定までに必要な期間

 

 就職活動をする時、お世辞にも有利になるとは言えない中高年層の人たち。今現在働いていないのであれば転職活動に費やせる時間はたっぷりとあるかもしれませんが、それでも今すぐに働き先を決めるのは難しいでしょう。

 

 過去にどのような仕事をしていたのか、もしくは今回が初めての就職となるのかなどによって就職までに必要な期間は大きく変わります。ブランクがあったとしても実績や技術を持っていれば、準備から内定まで全て含めても数ヶ月程度で転職できる可能性があるでしょう。それでも3ヶ月から4ヶ月で転職できればラッキーなのかもしれません。

 

 今回が初めての就職となるのであれば、半年や1年以上といった期間が必要になるでしょう。

 

万全な対策で短期決着を

 

 中高年の就職希望者が短期で決着をつけるのは難しいかもしれませんが、それでも、万全な対策をとっておくことで、他の同じ境遇の人よりも早く就職することも不可能ではないはず。

 

 求人情報をできるだけ多く仕入れる準備をしておきましょう。チェックする求人数が増えれば、必然的に応募できる数も増えます。短期間で複数の応募ができるスケジュールを組んでおくことも重要です。そのために事前に自己分析等を行い、「ここなら自信を持って働くことができる」と言える職種やレベルを見出しておきましょう。

 

 応募書類対策や面接対策も忘れてはいけません。社会人としての風格をそこに感じてもらえれば、あまり大きな実績やキャリア、経験等がなくても採用される可能性が出てくるはずです。

 

諦めることで辿り着く就職

 

 中高年の方々は、1ヶ月や2ヶ月といった短い活動期間で就職することは諦めるしかないでしょう。それでも、心がけ次第で就職活動にかかる期間を短くすることはできるはず。「できれば満たしておきたい条件」を諦め、「絶対に満たしておきたい条件」のみを意識して求人を探し応募することを心がけてください。

 

 一言で言ってしまえば、妥協です。妥協すればするほど、就職までの道のりは短くなります。上手くいけば2ヶ月や3ヶ月で就職できてしまうかもしれません。妥協できない人は半年や1年とかかってしまいますから、できるだけ最初の段階から妥協を視野に就職活動をした方がいいと思われます。

 

 

【関連記事】

ホーム RSS購読 サイトマップ