中高年の就職応援サイト

中高年の就職キャリア形成ナビゲーター

1.中高年の就職希望者が増えている 近年、中高年で就職を希望している人が増えています

 数年前の状況などから見ると、早期退職をした人が多く新しい職場への就職活動へ転換した人もいました。

 

 現在でも中高年に対する就職の窓口は決して狭いものではありません。豊富な経験を持っている中高年を求めている企業が増えています。まだまだ目に見えた景気回復の兆しが見えていないものの、さらなる事業展開を見込んでいる、成長をしている企業では、新卒では補えない人材を新たに雇用しようという動きがあります。

 

 しかし、企業側からすると、中高年の人材は高い人件費を支払う必要がありますので、求職者が考えたい事は、企業が求める条件とマッチしているかと言う面です。企業側のニーズを見極めたうえでの就職活動を進める必要があります。

 

2.自分を売り込む

 豊富な経験や豊かな知識を持っているという人は、しっかりと自分の魅力を企業に伝える必要があります。立派な学歴や経歴をお持ちで、十分すぎるほどの知識や人脈がある人でもその魅力が企業に伝わりきらなくては意味がありません。。

 

 また、充実した社会人経験を持っていれば必ず就職活動がうまくいくというわけでもありません。まずは、自分の良さやメリットについて探求し、相手にどうやって自分の良さを伝えればいいのかを考えましょう。

 

3.履歴書や職務経歴書に力を入れる

 企業が必ず目を通すのは履歴書や職務経歴書です。今までの経歴や学歴をしっかりと記載をしましょう。その際にアピールできることがあれば、コメントを加えて相手に伝えるのが大切です。

 

 今までしてきたことはどのような仕事だったのか、経験したポジションや、その際に得た事などについて相手に分かりやすくまとめることが大切でしょう。また、今までの職務経歴と希望職の関係性や即戦力として戦えることをわかりやすくアピールすれば企業側に響くのではないでしょうかね。

 

 求人媒体に記載されている事や、企業情報を見てどのような人材を求めているのかを研究して、相手が求めていることがマッチしていることが大切です。分かりやすい履歴書や職務経歴書を作ることを心がけて力を入れることがとても大切でしょうね。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
中高年の就職でみんなが使っている人気の求人サイト

ホーム RSS購読 サイトマップ